Home » 山登り » 厳冬期を過ぎた「白毛門」

厳冬期を過ぎた「白毛門」Digital-Nature-Photo.com

category : 山登り 2014.3.16


2014年第4弾は厳冬期は過ぎちゃったけど白毛門に登ってきました!


 本当は厳冬期に登りたかったけど、ズルズルとこんな時期になったしまったが登りに行ってきました。絶好の登山日和で頂上は快晴・無風で踏み跡もしっかりしていて、夏山より登り易いんじゃないかな~!先週雲取山に登っていたので登山体力が回復傾向で調子よく登れ登山届ポストから頂上まで3時間10分で登れた。去年の11月に2時間50分で登っているのでほとんど同タイムで登れた。

 ルートには雪庇があったりするけどほとんど危ない所なく問題なし。
但しこれから暖かくなると底雪崩の可能性も増えて来るし自己責任で・・・・・



土合駅に車を駐車。




土合駅から白毛門登山口まで道路を300mほど進む途中に踏み切りを越える。





道路の途中から白毛門が輝いていた。




夏場は白毛門登山の駐車場となる場所。




駐車場先に登山ポストがあるがこれじゃ入れられない。




東黒沢に架かる橋の上にも当然積もる。ココが一番の難所かも




アイゼンを履いていないとチョッと怖い。




ココから急登が始まる!ココにもテント




最初の急登を登りきったところに雪が張り出していた。これが落ちたら・・・




ココから頂上まで尾根沿いの急登がひたすら続く。




木の隙間から谷川岳が見れるようになる。




ひたすら急登!




頂上まで踏み跡がしっかり残っている。たまにスキーの跡が。




登山道が開けて松ノ木沢の頭と白毛門頂上が見えてきた。



凄い雪庇の張り出し方。。



雪庇の上を歩かないように。。




雪庇の場所は樹林側を歩くので枝が邪魔。




松ノ木沢の頭直前の急登。傾斜がきつくて辛い登り




葉を落とした木が雪の中の良いコントラストとなる。





振り向くと土合駅がはるか下に!




左側には最大の雪庇?




登りきった場所にも小さな雪庇があった。これでも落ちてきたら命の保証はない。。




向かいには天神平スキー場。




雪庇の脇を登って行く。




登りきったら目の前が松ノ木沢の頭。その先に白毛門。




ココも雪庇を避けるように頂上まで踏み跡が綺麗に繋がっている。




右側の斜面には雪に大きなクラックが。




松ノ木沢の頭でストックをピッケルに持ち替え白毛門を目指して登って行く。




白毛門頂上に向かう最後の登り。




あと少し・・・




最後の急登を登りきると頂上が目の前に見えてきた。




頂上到着。白毛門から谷川岳の雄姿!




白毛門から先に踏み跡なし。




朝日岳と笠ケ岳




頂上で登山者が登って来るのを待って登山者の背景に谷川岳!




下山開始するとぞくぞくと登って来る。




松ノ木沢の頭を目指して下山開始。




最後に谷川岳の雄姿をもう一度。




雪庇に気を付けながら下って行く。




12:46下山完了。




【雑感】

厳冬期に登る予定だったけどココの豪雪は半端なく1月の後半からは多分無理だったと思う。
また来年機会があれば1月の前半に再チャレンジするかも?
しかし先週の雲取山の方が何倍も疲れた・・・



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 記事作成のエネルギーを分けて下さい!^^ 参考になった方ポッチっとお願いします。
にほんブログ村


↑ 先頭へ戻る ↑

コメントは12件です

  1. よしころん より:

    白毛門~~~! おめでとうござります~ヽ(^o^)丿
    流石でござりまする~^^
    でもお天気よすぎて物足りなかったとか(笑)
    そうそう、あの橋を見ていつも無理~~って思います(爆)
    白毛門からの谷川岳はいつ見ても美しい~♪
    今年こそは馬蹄縦走したいと思ってます^^

    • carrera より:

      よしころん さん

      コメントありがとうございます。

      >でもお天気よすぎて物足りなかったとか(笑)
      天気は良いに越したことはないけど、チョッとラッセルしたかった!^^

      私もあの橋はアイゼン無いと怖いよ~

      結局谷川岳は今だ未踏・・・・・

  2. jetstream777 より:

    こんばんは、 白毛門 冬山真っ只中という感じですね。 谷川をバックに尾根を登ってくる登山者のショットは素晴らしいです。 山のスケールの大きさが迫るようです。
    雪庇もあり気の抜けない登山でしょうが、楽しまれたようで!(^^)! 快調な出足dすね。
    ノーマルタイヤでは行けそうもないですね。
    一昨日、雲取に行きました。まだ雪が一杯でした。
    貴兄の記事大変参考になりましたよ。改めて御礼!!!

    • carrera より:

      jetstream777 さん

      コメントありがとうございます。

      がっつり雪山楽しみましたが、先週の雲取山の方が全然疲れた!
      雪庇を避けながら登るのは雪山の醍醐味ですね。。
      全然ノーマルタイヤでも行けそうです。。土合駅に止める時にチョットだけ
      雪の上を通ったけれどネ

      雲取山を楽しまれたようで、しかも先週の記事が参考になって良かったです。。
      雲取山は今年も何度も登る予定でいます。

  3. テリー より:

    白毛門、谷川岳の雪景色は、美しさの中に、厳しさが感じられて、ベテランしか行けない山と感じました。十分に楽しませて、いただきました。

    • carrera より:

      テリー さん

      コメントありがとうございます。

      谷川岳はロープウェイがあるのでそこそこまで行けます。
      写真を撮るには充分かと!

  4. achami より:

    続々と登ってくる・・・
    雪山の魅力は語り尽くせないんでしょうね〜。
    でも、あくまでも自己責任って事なんですね。

    山登りの心構えを、学ばせていただきました^^

    • carrera より:

      achami さん

      コメントありがとうございます。

      雪山には夏以上の魅力を感じています。
      でも危険なのも分かっています。
      自分だけは大丈夫と思わずに五感をフルに使って危険回避しています。

      結局は自己責任で、周りに迷惑をかけないように楽しむことが大切です。

  5. tochimochi より:

    お約束通り登られましたね。
    登山者をバックの谷川岳は迫力満点です。
    気を抜けない雪庇と急登はきつかったと思いますが、十分報われるすばらしい景観です。
    それにしてもこの尾根を滑る方もいらっしゃるのですね (@@)

    • carrera より:

      tochimochi さん

      コメントありがとうございます。

      結局厳冬期は行けなかったですけどね。。
      また来年行ってみようと思ってます。

      標高差は1000mしかないですけどとにかく急登です。
      ここまで雪が締まってくると、夏道より登り易いと思います。

  6. 山子路爺 より:

    素晴らしいぃ~~~。
    羨ましいぃ~~~。
    山イキテェ~~~。
    諸々の事情により山から遠ざかっている者の叫びです。失礼しました。

    • carrera より:

      山子路爺 さん

      コメントありがとうございます。

      1ヶ月山に行けないと禁断症状が出そうです!^^。
      4月・5月は行ける山が限られてしまいますね~
      但しG/Wは槍穂の予定です。。

コメントフォーム


*自動スパム設定しており、時々スパムと判断されコメントの掲載が遅れる場合があります。
 気が付いたらすぐ掲載しますのでご了承ください。
*携帯などのオリジナル絵文字を入れるとコメントが消えます。そんな時は顔文字でお願いします。(*^∀゚)ъ
 
 

コメントに画像が張り付けられます。長辺が600ピクセルに自動調整されるので大きさ気にせずアップOKデス

Total:
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ
↑良かったらポチッお願いします!

スポンサーリンク


アーカイブ

カレンダー

にほんブログ村


天気

埼玉県中心でごめんなさい。
地図をドラッグで移動ができ、矢印を押せば予報が見れます。

リンク

Copyright(c) 2014 Digital-Nature-Photo.com All Rights Reserved.