Home » 山登り » 厳冬期登山の下見に「白毛門」登山

厳冬期登山の下見に「白毛門」登山digital-nature-photo.com

category : 山登り 2013.11.23


2013年第20弾は谷川岳の向かいにある『白毛門』に登ってきました!


 この冬に登る山のリストに白毛門を入れたはいいが、一度も登ったことない山を厳冬期に登るのはチョッと無謀かなと思い下見に登ってきた。白毛門の標高は1720mで大したことないけど、豪雪地帯なので厳冬期は相当な雪が降ると思われる。

 家を5:30に出発したが、関越自動車道の伊香保~沼田間が事故で通行止めとなり高速を降りて下道で登山口を目指した。土合駅を通り越ししばらく行き右側に入ると30台ほど停められる駐車場がありココが白毛門の登山口。結局到着が8:30になって着替えてうだうだしてたら出発が9:00になっていた。
 駐車場の標高が700mなので頂上までの標高差1000mを登ることになる。

 登山道の様子は、序盤は落ち葉の量が凄くて段差が隠れて歩き難い。中盤は木の根っこが凄くて歩きにくくなる。標高が上がると岩場が増えてくるがクサリが設置されているので危険はない。また松ノ木沢の頭までず~っと樹林帯の急登が続いて展望がないので面白くない。。
 今回は標高1000mを越えたあたりから残雪が出てきて、松ノ木沢の頭付近から頂上までは予想外にがっつり雪が積もってた。。12:00に白毛門頂上到着し結局3時間掛かった。まあ雪だからこんなものかな。
 この日に登った登山者は約10人でした。

 白毛門の頂上からは雪を被った谷川岳が見れたけど逆光気味で今一だった。




土合駅を通り越した先で右側に入ると30台ほど停められる駐車場。




駐車場からすぐの標識。標高差1000mを3.1kmで登るってことは急登が予想される。




まずは東黒沢に架かる橋を渡る。




ブナの落ち葉が凄い。




ココから急登が始まる!




大量の落ち葉が積もっていて段差が見えないので歩きにくい。




こんな感じの登山道が続く。木の根っこが凄い。




標高1000mを過ぎたあたりから雪が出てきた!




雪がどんどん増えてくるゾ?




天気は晴れで風も穏やか。




標高が上がってくると登山道に岩が目立ってくる。




谷川岳が見えて来た。




松ノ木沢の頭。ウヘッ!雪が・・・・・やむなくココで簡易アイゼンを付ける。




この時期でこの雪の量・・・・・




トラバースも。。。




でも樹氷が綺麗。




こっちも。




ココを登りきれば頂上は近い。




頂上直下




12:00頂上到着。白毛門と書いてある標識がない。。雪に埋まっているのかな?




谷川岳




朝日岳と笠ケ岳。




松ノ木沢の頭を頂上から見下ろす。結構な傾斜がある




この時期にやせ尾根が♪




頂上で写真を撮って、おにぎり1個食べてすぐ下山開始♪
雪の岩場の下りは慎重に下らないと滑るのでどうしても時間が掛かってしまう。





下山完了!




【雑感】

松ノ木沢の頭を過ぎてから頂上までの傾斜が結構あって急なので雪崩が心配。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 記事作成のエネルギーを分けて下さい!^^ 参考になった方ポッチっとお願いします。
にほんブログ村


↑ 先頭へ戻る ↑

コメントは10件です

  1. よしころん より:

    じぇじぇじぇ~~~!
    隊長、厳冬期の白毛門に挑戦でしか~~~(><)
    おぉぉ~~怖い、怖い、怖い~~~

    厳冬期、駐車場は利用不可となります。(除雪されていません)
    あの沢にかかる橋も恐ろしいことになっとります。(私達はこの橋で撤退です ^^;)

    私達は無雪期でもいっぱいいっぱいの白毛門なのでした。
    (以前、笠が岳までは日帰りで行きました ^^v)

    ↓↓↓今年2月、白毛門駐車場の写真載せています。
    http://yoshikoronron2.blog.so-net.ne.jp/2013-02-27

    • carrera より:

      よしころん さん

      コメントありがとうございます。

      よしころんさんが行った2月末は絶対無理です!。。。この時期は一番雪が多くて
      とても太刀打ちできません。途中で1泊がすれば可能かな~?
      やっぱ厳冬期であれば1月中に登らないとダメでしょうね。
      それを逃したら厳冬期ではないですが3月下旬頃になると思います。
      一緒にラッセルしませんか?^^

      この日の登山者は10人ほどで、白毛門以降のトレースは全くなしでした。。

  2. テリー より:

    さすがですねー。厳冬期に、軽く登って来ましたか。
    冬山に登りたい気持ちはありますが、まだ、命が惜しいので、CARREAさんのブログで、仮想体験で、満足しています。

    • carrera より:

      テリー さん

      コメントありがとうございます。

      いやいやまだ厳冬期は登っていませんょ
      今回は厳冬期に登るための下見でした。
      でも下見にしては雪ありすぎですね。
      この時期にこんなに雪が積もると厳冬期は「どんだけぇ~」って感じです。^^

  3. 天海 彩 より:

    お~、……あれ? 下見って書いてありませんでした?
    この、命懸け(命崖)の山を下見って……。
    やっぱりおざなりですが「すげ~」しか言葉が出ません^^;

    写真なのに、写真の中に、松茸探す 天海 彩

    • carrera より:

      天海 彩 さん

      コメントありがとうございます。

      いやいや全然下見ですから。
      この時期でこんなですから当然1月・2月は半端ないデス。

      マツタケは探してもありましぇん!多分・・・

  4. 山子路爺 より:

    圧巻の谷川岳……ここから写真を撮りたいなぁ

    • carrera より:

      山子路爺 さん

      コメントありがとうございます。

      ココに登る大半の目的は、谷川岳の展望ですよね!
      厳冬期に谷川岳はどんな雄姿を見せてくれますかネ
      今から楽しみです♪

  5. tochimochi より:

    青空をバックの霧氷がきれいですね。谷川、朝日の雪化粧も雄大です。こういう写真を見ると行きたくなりますが、何分気力、体力がなくなりました ^^;
    それにしても厳冬期の白毛門はすごいラッセルになるでしょうね。
    頑張ってください。

    • carrera より:

      tochimochi さん

      コメントありがとうございます。

      寒くなると空が青く景色が映えますよね!
      年明けて早々にでも登りに行こうかと思ってます。
      ラッセルが少ないとイイですけど・・・・

      特に単独で雪山に行くにはモチベーション上げていかないと布団から
      なかなか出られない。。。
      前日入りして車中泊にすれば何とかなるかも。。でも寒そう

コメントフォーム


*自動スパム設定しており、時々スパムと判断されコメントの掲載が遅れる場合があります。
 気が付いたらすぐ掲載しますのでご了承ください。
*携帯などのオリジナル絵文字を入れるとコメントが消えます。そんな時は顔文字でお願いします。(*^∀゚)ъ
 
 

コメントに画像が張り付けられます。長辺が600ピクセルに自動調整されるので大きさ気にせずアップOKデス

Total:
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ
↑良かったらポチッお願いします!

スポンサーリンク


アーカイブ

カレンダー

にほんブログ村


天気

埼玉県中心でごめんなさい。
地図をドラッグで移動ができ、矢印を押せば予報が見れます。

リンク

Copyright(c) 2013 digital-nature-photo.com All Rights Reserved.