残 雪 の 白 馬 連 峰



2006/06/12


5月連休で王ヶ鼻から北アルプスが霞んで鮮明に撮れなかった
リベンジを5月12日決行した。


どーも4月から仕事のモチベーションが上がらず、仕事の合間に白馬の天気予報を見ていたら11日の夕方から天気が回復し、12日中は晴れる予報に変わっていたのでまたまた有給休暇を使って行ってきた。

自宅から白馬までは約250kmあり片道高速を使って3時間の道のり。どうせ行くんだったら朝日やバルブ撮影も狙いたいので、深夜0時に出発した。
セブンイレブンで食料を買い込み、三芳PAからスマートI.Cを使って高速に入る。藤岡JKTで上信越道路に入りAM2:00更埴I.Cで高速を降りる。(深夜割引で30%高速料金が割引)

R19号と県道33号線?を使って白馬を目指す。撮影場所はR406号にある”白沢洞門出口”長野市からR406号を使っても良かったが、白馬長野有料道路(深夜無料)も使うと多分こちらの方が時間短縮出来そう。

途中ローソンでトイレ休憩をして目的地にはAM3:00到着。この日は満月だが、AM3:30頃に白馬連峰に沈んで行った。真っ暗闇の中こんな山奥で写真を撮っている物好きは私1人!後ろの白沢洞門から水がしたたり落ちる音が響いてきてチョット不気味。



撮影風景

バルブ撮影を4.5回しているうちに一台車が到着、定年後色々な所に撮影に行ってる方でした。一週間ほど白馬に滞在して写真を撮っているとのこと。

その後朝日が昇ってきましたが、僅かに色は付いたが朝焼けはほとんど無し。




白馬側から見た白沢洞門


白沢洞門内から見た白馬連邦

次の撮影場所は白馬村の中を流れる松川に架かる工事中の橋の上から撮影。




ここは数カットの撮影と近くの田んぼに移る逆さ白馬連峰を撮る。





その後お湯を沸かしてカップラーメンとコーヒーを飲み、本日の撮影終了!!

徹夜だったのでどこかで少し仮眠を取ることにし時計を見るとAM7:30。ここから長野I.Cか更埴I.Cまでは1時間強で着ける距離。しかもAM9:00までにETCゲート通過すれば通勤割引が適用出来る。

ETC割引フェチとしては利用しない手は無い!

高速に乗ってパーキングで仮眠をとることにしナビの支持通り長野I.Cを目指す。途中睡魔が襲ってきて信号で止まって目を閉じると3秒で寝てしまう。
非常に危険な状態でしたが無事長野I.CにAM9:00前に到着し、松代P.Aで2時間仮眠を取り、上信越道路経由で途中下仁田I.Cで通勤割引を適用させ帰宅した。

この日の走行距離は550km



往路
三芳PA仮→更埴:3150円(深夜割引)

復路
長野→下仁田:1350円(通勤割引)
下仁田→東松山:1850円

トータル高速代:6350円

(ETCを使わないと8500円で-2150円)