Home » PROFILE

PROFILEDigital-Nature-Photo.com


管理人のcarreraです。196?年九州の宮崎県生まれ。18歳から埼玉に移り住み現在に至る。
◆若い頃は車の改造に熱中し、最初の車はスカイラインRS エンジンはFJ20って奴で2000cc4気筒NAの150PSだった。峠仕様にして強化クラッチやデフのギア比を変えて遊んでいた。
 走りのフィールドとしては、友人の実家が長野でドライブインをやっていて、特にG/W休みと盆休みはその友人宅に泊まり込み山道を走り回っていた。
 スカイラインRSはこの長野の山道から落っことして廃車・・・・。
 次の車はフェアレディZの130タイプで、これは友人の友人から購入した。角目のヘッドライトなどアメリカのカミナリZ仕様となっていてムチャクチャカッコ良かった。エンジンはL型2800ccインジェクション仕様であまりにもドンくさかったので、チューニングショップに務める友人を含め3人でインジェクションを外して3連のWEBER_CARB仕様に変更。今思い出してもよくインジェクションからCARB仕様に変更できたなと感心する。CARBセッティングも適当で自宅まで帰ったが、その時に燃費が2km/Lで80Lの燃料がアッと言う間に無くなった記憶がある。
 その後はチャンとしたチューニングショップでボアアップしてもらい3000ccとなった。直線は早かったが、峠は重量が重いことがネックとなり友人のRX-7に付いて行けなかった。
 Zはチューニングカー専門の中古車屋に売って、次にRX-7(FC3S)を友人から購入した。これはブーストアップ程度で峠を走って楽しんだ。その後は結婚して子供が出来る頃にRX-7は手放した。趣味としての車はここまで。
 但し、今でも機会があれば(宝くじが当たれば)ポルシェGT3とDUCATIのパニガーレ(バイク)が欲しい。出来ればこのホームページを山登り・カメラ・ポルシェ・DUCATIの4本の柱で構成したいと思っている。
◆次はカメラに熱中!始まりは長男が生まれ、どこの親も同じだがカメラで我が子を撮り始める。カメラは新婚旅行の時に買ったCANON EOS 1000Sで撮り始めた。初めの頃は全くカメラの知識はなく撮っていても子供の動きが遅かったので何とかなっていたが、ある日滑り台で滑る長男を撮って現像するとピントが合っている写真がほとんどなくいわゆるピンボケ写真ばかりだった。(この頃はデジカメなんて存在せずフイルムカメラしかなった)何度撮ってもピンボケ写真を増産するだけであった。そこで会社のカメラに詳しい人に聞くとAIサーボ(CANON)モードを使うとカメラが動きを予測してピント位置を変えて撮ってくれると教わった。そのモードで撮ってみると確かにピンボケ写真は少し減ったがそれでも半分以上はピンボケ写真しか取れなかった。この辺から雑誌を買ってカメラの知識を吸収して行った。
 EOSは名前の数字が小さくなると高級機で1になるとプロ仕様となりやたらと高額。1は無理として中級機のEOS 7を購入した。当時最新機種でAIサーボを使うと80%位までピントが合うようになって、フムフムほぼ満足した。この頃からカメラを数万円で購入して子供だけ撮るにはもったいないな~と思うようになり、花とか撮るようになったが、今一面白くない。
 当時は義理の父親がまで生きていた。車の運転が大好きでまた県内のいろんな有名な観光スポットを知っていた。義理の父も撮影スポットに孫も連れて行き一緒に遊べるので喜んでに連れて行った。そのうち風景写真に目覚めだした私は義父や子供と出かけて撮る程度の場所や時間では物足りなくなってくる。撮影場所がどんどん広がって関東全域~長野あたりまでテリトリーを広げ撮影をしていた。特に紅葉の時期は忙しい。会社を休んで日光や志賀高原、那須まで撮影に出かけた。乗鞍など有名な紅葉スポットには大体足を運んだ。
 風景写真のもう一つの柱が”富士山”。遠くから近くから沢山撮影した。お気に入りの場所は数か所ある。

Total:
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ
↑良かったらポチッお願いします!

スポンサーリンク


アーカイブ

カレンダー

にほんブログ村


天気

埼玉県中心でごめんなさい。
地図をドラッグで移動ができ、矢印を押せば予報が見れます。

リンク

Copyright(c) 2012 Digital-Nature-Photo.com All Rights Reserved.